年下男子の攻略法について»
アプローチ大作戦

好きと言わずに好意を伝えるコツ!昨日まで同僚だった彼を一撃で意識させた言葉とは

好きと言わずに好意を伝えるコツ!昨日まで同僚だった彼を一撃で意識させた言葉とは

恋がヘタなAヤメさん

好意に気付かせたい!

好意に気付いてほしいけど、「好きと」言ったら関係が壊れてしまう気がして出来ません。

決定的な「好き」を言わず好意をつたえる方法はありますか?

↑という「過去の私」のような悩みを持つ人に向けて書いています。

「気になる彼に、もっと女性として意識してほしいから好意に気づいて欲しい」

好きと言えれば楽だけど、今の関係を手放す勇気はちょっとない…。

その気持よくわかります。

そんな恋するあなたに、今回の記事では「好きと言わずに好意を伝えるコツ」を教えたいと思います。

今回ご紹介する方法は、好意を伝えるだけじゃなく、彼からの好感度もグイッと上げる方法です。

わたしが4歳年下の夫にアプローチしたときに使った方法なので、効果は折り紙付きですよ😊

彼にあなたの好意を意識させ、メロメロにハマってもらいましょう。

好きと言わずに好意を伝えるには『目・口・手』を使え

相手の男性に好意を伝えるときは『目』『口』『手』の3つをフル活用して伝えるのが効果的です。

「目は口ほどにものを言う」

ということわざがありますが、目だけでは鈍感な男性はピンとこないもの。

まずは、

  • 目で「俺のこと好きなのかな?」と思わせ
  • 口で「やっぱり好きだよね?」と自信をつけて
  • 手で「絶対好きでしょ!」と確信させて行く

これが基本です。

確信とは言っても、告白したり、「〇〇くんが好き過ぎて辛い」という決定的な発言を聞かれたり、告白でもしない限り、彼の確信はあくまで想像にすぎませんよね。

そうなると、白黒つけたい男性の習性で『残り1%』が気になって気になって仕方なくってしまうんです。

99%好きなんだろうけど、最後の1%は蓋を空けてみないとわからない…

「俺の自意識過剰なんじゃないか?」
「勘違いじゃないか?」
「いや、あれは絶対俺に惚れてるだろ…」

こんな感じでモヤモヤとあなたのことを考えてしまうんです。

悶々とあなたのことを考えることで、無意識的にあなたの存在が刷り込まれていくと、いつの間にかあなたのことを意識するようになってきます。

これはザイアンス効果(単純接触効果)という心理効果で、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという現象です。

例えば、最初はなんとも思っていなかった有名人をテレビで何度も見ている内に、だんだんと好きになってしまった。

なんとも思っていなかった商品が、CMを何度も見るうちに欲しくて仕方なくなってしまった。

なんてことありませんか?

それが、ザイアンス効果(単純接触効果)です。これは、人や物、広告など、なんでも当てはまり、想像でも作用するんです。

なので、彼があなたのことを想像すればするほど好感度が上がって行きます。

そして、彼に想像させるには「目・口・手」3つを使って好きを演出することが大切。

ということで、具体的な方法を解説します。

目で「自分のこと好きなのかな?」と思わせる

目で「自分のこと好きなのかな?」と思わせるには『目線』を使います。

具体的なやり方は簡単です。

  1. 「彼が好き」と想いながら目で追う
  2. 目があったら、ちょっとだけはにかむ

目線を送るときの表情は、眉間をちょっと上げる感じを意識してみてください。

さらに、口を3~5ミリくらい優しく開いて、少しだけアゴを引きます。

たったこれだけで、悩ましげな表情が作れるので、鏡の前で練習しておきましょう。

目があった瞬間に、悩ましげな表情から嬉しそうにはにかむ表情をされた男性は、一瞬でいろいろな想像をします。

「目があって嬉しいのかな?」
「好きなのかな?」
「ずっと見てたのかな?」

などなど、回数を重ねるごとに彼の想像はどんどん確信に近くなって行き、あなたのことが気になりだします。

口で「やっぱり好きだよね?」と自信をもたせる

何度か目線をヒットさせたら、彼からの接触が増えてきます。

彼は「もしかしたら好意を抱かれているかも?」と気づき始めているので、口を使って彼の気付きに自信を持たせましょう。

口を使うとは、言葉を巧みに使うということです。

彼との会話では、好感度をあげる基本である以下の2点を徹底します。

  1. 自分の話より彼の話に耳を傾ける
  2. 細かく「スゴイ」と褒める

下記記事を参考にマスターしておきましょう。

話を聞くだけで好きにさせるコツ

「この人といると楽しい!」年下男性が好意を抱く年上女性の共通点は褒め上手!
年下男性が落ちる『聞き上手』な女性とは?話を聞くだけで好きにさせるコツを解説 こんな疑問にお答えします。 最初に結論から言ってしまいますが『聞き上手』な女性は年下男性からモテまくります。 モテて...

年下男性を悶絶させる褒め方のコツ

【年下男性の正しい褒め方】好感度がグングン上がるモテる女の秘密テク
【年下男性の正しい褒め方】好感度がグングン上がるモテる女の秘密テク本記事では『年下男性の好感度がグイグイ上がる褒め方』について解説します。 男性を褒めるのって慣れていないと難しいですよね。 ...

「聞く」「褒める」の基本を徹底しつつ、時折彼をドキッとさせるフレーズを言うことも忘れてはいけません。

思わせぶりな発言は色々ありますが、私が過去に使った中で1番効果のあったフレーズはこちら👇

「〇〇くんが夢に出てきたよ」

なんてこと無いようなフレーズですが、このフレーズの破壊力は凄まじいです。

私も4歳年下の夫と付き合う前につかいましたが、このフレーズを使った次の日から、めっちゃ意識してるのが手に取るようにわかりました😆

夢って友達がだろうが同僚、家族、芸能人、誰だってでてくるので、別に彼が夢に出てきてもおかしいことじゃありませんよね。

でも、夢の内容は本人しか分からないし、言われれば内容が気になってしまうもの。

あなたと彼が結構話をする仲なら、

「夢の中で〇〇くんがね…」
「ん~、この先はちょっと言えない」
「ここから先はあんまり覚えてない」

と教えないで引っ張ります。

ポイントは、ちょっとだけ言いかけて辞めること。これが男性からするとスゴく気になるんです。

「絶対夢の中でイチャイチャしてたんだ!」と勝手に想像します。

その後も、内容が気になって会社からの帰り道や、寝る前のボーっとした時間に

「なんで俺の夢見たんだろう?」
「好きだから見たのかな?」
「どんな内容だったんだろう?」

とふわふわと想像にふけります。

こうして、あなたの事を何度も何度も想像していく内に、無意識的に好感度が上がり、彼が意識しだします。

手で「絶対好きでしょ!」と確信させる

最後は手で「絶対好きでしょ!」と確信させましょう。

確信と言っても99%の確信。

最後の答えは、彼から告白されるまでは秘密にしておくことがポイントです。

手を使って好意を伝えるには、膝や二の腕をかるく触る程度のボディタッチを使います。

さりげないボディタッチをするときは、相手男性の横をキープするのがポイント。

なぜかと言うと、男性は自分の両脇(つまり横)のパーソナルスペースが極端に狭いからです。

男性のパーソナルスペースは前に長く両端は狭い

パーソナルスペースとは「これ以上近づかれると不快を感じる距離」のことで、男性は前方に広く、横は狭いと言われています。

なので、相手に不快感を与えずに近づくなら横からがベスト。

そして、膝や二の腕をちょいちょいタッチしていると、理屈抜きであなたの好意を確信します。

以上で、99%くらいの好意が彼に伝わると思います。

彼から次のアクションがあるまで、『目・口・手』を使いガンガン彼に想像させましょう。

スポンサーリンク

鈍感男子には「名前」でふり向かせる

ここまで説明した『目・口・手』を使う方法なら、大体の男性は「あなたからの好意」に気付きます。

しかし、たまーにめちゃくちゃ鈍感な男性がいるので、そんな鈍感男子の気を引く方法を説明します。

やり方は単純です。

会話をするとき、言葉の端々に彼の名前を入れる

例えば

  • 「〇〇くん、おはよう」
  • 「すごいね!〇〇くん」
  • 「そういえば〇〇くん」

みたいな感じで、名前をちょこちょこ挟むだけで信頼関係を作ることができるんです。

これは心理学でカクテルパーティ効果と言われているんですが、ざわざわしたパーティ会場でも自分の名前はよく聞き取れるという現象から名付けられたもの。

人間は注意によって、「自分が最も気持ち良い音」や「聞き取りやすい言葉」を聞き分ける能力があります。

その人間がもっとも心地良いと感じる言葉は「自分の名前」なんだそうです。

つまり、名前を呼ばれるというのは「心地のよい経験」なので、自分の名前を読んでくれる人に好意を抱く仕組みになっているそう。

たしかに、名前をよく呼んでくれる人って親近感湧きますよね😊

鈍感な男性には、『目・口・手』を使う以外にも、「名前を呼ぶ」を意識してあなたを印象づけてみてください。

スポンサーリンク

アプローチの3大タブーは自分語り・好き避け・下ネタ

デートの前日の3大タブーは飲酒・夜更かし・にんにく

せっかく彼があなたの好意に気付いたのに、

「やっぱり勘違いか…」と片付けられてしまったり、付き合う前から「彼女にしたくない…」

なんて思われてしまっては、今までの努力も水の泡。

そんな悲しい事態を避けるため、男性にアプローチする時にやってしまいがちな3つのNG行為について解説します。

  1. 自分語り
  2. 好き避け
  3. 下ネタ

とりあえず、この3大タブーだけには本当に気をつけましょう。

聞かれていない「自分語り」

「相手によく思われたい」「自分をもっと知って好きになってほしい」と思うのはわかりますが、聞かれてもいないのに「自分語り」をするのはNGです。

恋愛において、意中の男性をふり向かせたいのなら、まずは相手に興味を持つことが大切。

  • 彼が話す話題で「自分に興味のないこと」はスルーしていませんか?
  • 彼が好きなもの、嫌いなもの理解していますか?
  • 彼の価値観を正しく理解しようとしていますか?

これらの中で1つでも当てはまるものがあるときは、彼に耳をかたむけ、ひたすら透明になって吸収する勢いで接しましょう。

自分の価値観を押し付けたいがために、自分語りをしてしまうのはマイナスイメージしかありません。

あなたが先に彼に興味を向ければ、彼からも興味を向けてもらえる可能性が高まります。

彼があなたについて色々聞いてきた時、初めて自身について語るくらいで大丈夫です。

誤解を招く「好き避け」

「好き避け」とは、好きな人を目の前にすると、意識しすぎて「そっけない態度」や「避けた態度」を取ってしまうこと。

恋愛経験が少ない人ほどやりがちなんですが、「好き避け」はデメリットしかないので、本当に止めたほうが良いです。

男性ってものすごく単純なので、「好き避け」されても気付きません。

彼にヤキモチを焼かせたくて、他の男性とわざと仲良くしているところを見せつけたりする人もいますが、普通に「あ~、あいつが好きなんだな」と思われておしまいです。

それ以前に好意を匂わせていたとしても「勘違いだったか」で終わってしまいます。

相手の男性を意識しすぎて、目を見て話せないなど気持ちは分かりますが、人として失礼な行動になっていることが多いので止めておきましょう。

品のない「下ネタ」

下ネタを話す女性に対し、「ノリが良くて好き」という男性もいますが、「彼女にしたい」という男性は少数派です。

男性は「見た目の印象=彼女の内面」と捉えているので、下ネタをノリノリで話す女性は

「すぐヤれそう」
「男性経験多そう」
「体の関係までだな」

と単純に判断されてしまいます。

「本当の私はちがうの。でもその場を盛り上げたいから下ネタにノッてるだけなの!今だけで判断しないで本当の私を見て!」

と心の中で叫んだところで意味がありません。

とにかく男性は単純なので、ベタなアピールをしないと効き目がないんです。なので、「天の邪鬼な態度」や「下品に見える行為」は避けて行きましょう。

スポンサーリンク

まとめ:好意を伝えるときはベタな本命仕様で!

以上、気になる男性に好意を伝える方法について解説してきました。

男性に確信に近い好意を見せつつ、決定的なことは言わない。

これが男性を翻弄させる1番の方法です。

今回ご紹介した方法は、あなたが負うリスクは最小限なので、是非試してみてくださいね。

彼にあなたの好意が伝わったら、ジワジワといつのまにか好きにさせていきましょう。

年下男子の落とし方まとめ
ジワジワといつの間にか好きにさせるテクニックをまとめました。

【まとめ】年下男性を落とす方法!リスクゼロで意中の彼を振り向かせる手順
【完全版】「年下男性を落とす方法」まとめ!リスクゼロで相手を振り向かせる手順 年下男性を落としたい! 気になる年下男性を落としたい。 自分より年下の男性を落とすには受...

おすすめ記事「たまんない…」草食系彼氏が豹変?!リビドーロゼの効果とは?
おすすめ記事サロンの1/3で全身脱毛も!家庭用脱毛器おすすめ人気5機種!

恋愛診断xLINE@やってます

もっと自分の状況にあったアドバイスが欲しい!

そんなあなたの為に『恋愛診断xLINE@』やってます( *• ̀ω•́ )b

  • 彼への最適なアプローチ方法を知りたい
  • 脈あり度を冷静に判断して欲しい
  • 彼の気持ちが知りたい

そんな時は、LINEで話しませんか?

LINE@に登録してくれた人には、限定記事「片思いの距離を縮める『接点』の作り方」をプレゼント中!

ブログでは公開していない『限定恋愛テク』も配信しているので、お気軽に登録してくださいねヾ(*´∀`*)ノ

ご登録は↓のバナーからどうそ。

\ LINE@の登録はこちら /

各攻略法はこちら

ABOUT ME
アヤメ
アヤメ
自称「ブスな腹黒系モテ女」  ゲイの兄と元No1キャバ嬢の親友直伝のモテテクを駆使し、4才年下のイケメン旦那の捕獲に成功! 無事にゴールインできたので、これまで秘密にしていた 『ブスでもできたモテテク』をシェアすることで社会貢献しようと企んでいます。 女の価値を最大限に引き上げて、最高のパートナーを捕獲したいあなたの為に全力で記事を作ります!